現代の千利休を求めて

モバイルゲームプログラマーのブログ

MENU

【レビュー】LET IT DIEはゴアでオシャレでゴリゴリのローグハクスラ【プレイ評価】

どうも千利休です。
あまり期待していなかったのですが、このゲームかなり良かったのでレビュー・評価をしていきたい。

 

LET IT DIEとは

youtu.be

ガンホーとグラスホッパーマニフェクチュアのタッグでおくるサバイバルアクションゲームだ。
正直グロい表現があるが、昨今のグロさ表現では普通くらいなのでそこまで警戒しなくてもいい。

サバイバルアクションゲームというが、端的に言えば死ぬのが前提のゲームだと思うのが早いだろう。
ブラットボーンやダークソウルに近しい。
だが序盤をやった感じではそれらの作品よりは全然優しいと感じるのでそこまで警戒しなくてもいいだろう。

まずは早速プレイレビューをしていこう。

 

プレイレビュー

 

 

謎の少女の登場シーンから始まる。
雰囲気いい感じだ。
さてさてここからどうなることやら。

 

 

主人公を決めることができる。
主人公はファイターと飛ばれる存在らしい。
女性4名と男性4名の中から選べるが、ここはそこまで気にしなくても問題ない。
後々のシステムでその理由はわかるので後述する。

 

 

アンクルデスという死神の格好をしているやたらファンキーなやつの登場だ。
ここからプレイヤーの操作ができる。

ここからはしばらくチュートリアルが始まる。
結構情報量の多いチュートリアルだが、大まかにこの世界やシステムが把握できるものとなっている。
わからなくなったらoption画面から再度見直すこともできるので初心者にはありがたい。

 

 

基本的に最初は裸で、敵から装備を奪い取って服や武器を装備して行く。
てきが上半身の防具しかなかったので一旦着てみた。
なんとも変態チック

 

 

ダンジョンにはきのこが生えていてそれを食べることで体力回復などの恩恵を受けることができる。
きのこを食べたら謎のヨガをし始めた。
絶妙にコメディ要素を入れてくる感じはアメリカのホームドラマを思い出させる。

 

 

チュートリアルが終わったら殺されてしまった。
その後ベースキャンプとなる場所に戻り、新しい人物でやり直しとなる。

死んだらその場でゲーム終了。
人物のパラメータはリセットされるので基本的に死ぬのはいけない。

 

 

ただし、死んだところまで行けばプレイヤーは敵となって今度は襲ってくるのでそれを倒せば装備を奪還できるので覚えておこう。

 

 

グロいだけではない、可愛い女の子もいる、みてみると思いの外セクシーな後ろ姿・・・いいケツ

 

結局何するゲームなの?

バルブの塔と呼ばれる頂上にたどり着くのがこのゲームの最終目的だ。
そのために上を目指して強敵と戦い、装備と成長を行い、一度も死ぬことなく頂上を目指す

風来のシレン + ライトなブラットボーンやゴットオブウォー

のイメージがいいかもしれない。
ローグライクでハクスラの要素でひたすら戦いに明け暮れ、成長を実感するゲームだ。

 

毎日変わるダンジョン

塔の頂上に行くのが目的だと話したが、実はこの塔のダンジョンは毎日中身が変わる
死ぬたびに変わるわけではないのがミソだ。

一日だけは死んでもダンジョンは変わらないので、ここで死んだから次はこうしようという戦略が立てられる。

ただ翌日にはダンジョンは変わってしまうので毎日新鮮な攻略を楽しめる

 

他のプレイヤーが襲いかかってくる

ダンジョンを進んでいると他のプレイヤーが襲いかかってくることがある。
これはリアルタイムではなく、どこかの誰かが送り込んだファイターが自分のダンジョンに出る仕組みだ。

強敵ではあるぶん、装備などはいいものを持っていたりする可能性があるが、死ぬ可能性があるので日々他のプレイヤーの強さと競い合うこともできる。

 

死んだらリセットって辛くない?

その通り。
ただしこのゲームはリセットされるパラメータとリセットされないパラメータがある。
ファイターにひもづく体力や防御力はリセットされてしまうが、使う武器のスキルであるマスタースキルと呼ばれるものはリセットされないのだ。


このマスタースキルは武器を使い込むとレベルアップし様々な恩恵を植えることができる。これがあることにより死んでリセットされても完全にリセットされるわけではないのでモチベーションが続くというわけだ。

 

攻略のコツ

アクション自体はそれなりでゲーマーにとってはすぐになれるものだろう。
基本は回避で行いつつもスタミナがすぐになくなるのでガードである程度はしのいで反撃する形がいいだろう。

 

それ以外にスキルデカールというパラメータを何%アップというものがあるのでそれを使用することをお勧めする。

 

また複数に襲われるとすぐに死ぬ危険性があるのでなるべく少数と戦う状況を作り出すのが理想だ。

 

まとめ

LET IT DIEとは、ライトな死にゲーで成長を実感できるゴアでオシャレなゴリゴリのローグライクハクスラである。

 

しかもお値段に驚き、なんと本体だけならお値段100円(税抜き)だ。

お得なアイテムつきのパックでも3000円(税抜き)なので、昨今のPS4のパッケージ版と比べるとかなり安い。
現在はダウンロード版しかないが、これくらいの値段なら軽く試してみるのはいかがだろうか。

正直PS4持っていてやらないのは勿体無いので、ぜひやってみるべきだとお勧めする。