現代の千利休を求めて

モバイルゲームプログラマーのブログ

MENU

簡単にできるペーパーナノは紙の美しさが際立つアート作品

どうも千利休です。
時々アートな遊びみたいなやつが結構好きでやっていたりします。
おそらく昔からの趣味の切り絵が影響しているような気がします。

今回は箱庭の紙のジオラマが手軽にできるキットが素晴らしかったのでご紹介です。

 

 

ペーパーナノとは

紙で組み立てるプラモデルみたいなものです。
メタリックナノパズルは好きでよく買っていたのですが、それの紙バージョンで、組み立てるのに3時間くらいかかりましたが、プラモデル好きや細かい手作業などが好きな方には向いているのではないでしょうか。

 

また道具としては

  • 紙用接着剤
  • ピンセット(なくても大丈夫)

だけ用意しとけば大丈夫です。
紙用接着剤は乾燥後に透明になるタイプが見た目を阻害しなくて済むのでいいでしょう。

 

かなりの数があって迷ったのですが、今回はノイシュバンシュタイン城にしました!

 

中身を広げるとこんな感じ、結構なボリューム。

 

 

説明書を読みながらパーツをきりはりしていきます。
なかなか細かいパーツも多いですが腕がなります。

 

 

貼って組み立てて第一のパーツができました。
手のひらに乗せてみると思いの外小さいのがわかります。
だが窓の部分とかいい感じに再現できていたりと細かい作りなのがいいですね。

 

 

さてではこっから完成まで一気に行きますよー。
どん!

 

 

おーできました。
思いの外立派なお城やでえ。
付属の箱があるのでそこで記念撮影してみましょう。

 

 

私の写真撮影技術が低くて申し訳ない・・・
iphoneで撮影しましたが、少しでもこの作品の良さが伝われば幸いです。

 

感想

説明書は一部わかりにくいところがあったものの、あまり詰まらずに組み立てることができました。
これ写真ではなかなか伝わらないのですが、紙独特の暖かさなどがあってかなり良いできのオブジェになっています。

東急ハンズやアマゾンで買えるので是非いかがでしょうか。