現代の千利休を求めて

モバイルゲームプログラマーのブログ

MENU

【体験版レビュー】ニーアオートマタは期待できる作品になり得るか【プレイ評価】

どうも千利休です。
本業が忙しくなかなかブログ更新できませんでしたが、冬休みに入りましたので早速ゲームレビューをしていきます。
今回は知る人ぞ知るスクエニさんのニーアシリーズの最新作です。

 

 

ニーアオートマタとは?

スクエニさんが2017年2月23日に発売を予定しているアクションRPGです。
現在はPS4のみの販売を予定しています。

www.jp.square-enix.com

 

ニーアシリーズと言われれば初代のニーアレプリカントとつながりはあるのか気になるところです。
そして開発はアクションゲームを得意とするプラチナゲームスさん。
これは期待できます。
では早速体験版をプレイしていきましょう。

プレイレビュー

タイトルも神秘的。
否が応でも期待が高まります。

大きい剣を背負った神秘的な少女が主人公のようです。
いきなり敵が襲ってきます。

基本はオープンワールドゲームになります。
走っていくと敵と遭遇し、いつも通りのアクションゲーム。
基本はボタンを連打していけば勝手にコンボが発生するので非常に気持ち良く敵を倒せる。

このゲームは基本は3Dのゲームなのだが、マップによっては上や横の視点固定になる。これによって同じゲームでも少し違ったアクションゲームの雰囲気を楽しめる。
3Dの自由なアクションもいいが、支店固定のアクションはまた一味違ったものになるのはなかなか面白い。

ジャンプして少女のパンツが見えないが奮闘している。

まさかこれは・・・ノーパン!?

道中の雑魚敵はサクサクと進めてそれなりの爽快感で面白い。
最後に超巨大な大ボスが出てきた。
機械生命体と呼ばれるものらしい。
このようなボスバトルの場合は回避が非常に重要なアクションになる。
このゲームは回避が実は気持ち良く作られているので是非遊んでみて体感してほしい。

結構体力が削られるほど筆者は苦戦したが、回復薬を持っていると勝手に体力が減った時に使ってくれる良心設計だ。
これにより回復を忘れて一撃で死ぬことがない。

飛行モードでのバトルもあり、色々なバトルを楽しませてくれる。
ボス戦後にストーリーの展開があるのだが、それは実際に遊んでみて是非続きを読んでほしい。

まとめ

アクションはプラチナゲームスだけあってベヨネッタやメタルギアライジングに近しいものがある。
ニーアシリーズの良さでもあるBGMや神秘的な世界なども正常に受け継がれていて、前作のようなゲームが好きだった人はかなり楽しめるはずだ。
しかしストーリーは前作とおそらく関係ないものになっているので正当な続編というわけではなさそうだ。

 

ただ一つ懸念はあるのはアクションとして少し物足りないと感じるものはあった。
敵が巨大すぎてギリギリの攻防戦ができないなど、少し緊張感に欠けるものもあった。
ただ最後にぶっ飛ばすところはかなり爽快感があったのでバランスや見せ方次第なところだ。

 

体験版を遊んでみる限り、アクションRPG好きとしては買って損はしないものになるだろう。正直FF15よりは確実に楽しい。