読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代の千利休を求めて

モバイルゲームプログラマーのブログ

MENU

【ベータレビュー】フォーオナーは緊張感のある剣戟が良い【プレイ評価】

どうも千利休です。
フォーオナーのベータ版が本日開始されました。
来週発売予定のものですが迷っている方への判断材料になれば良いかなと思います。

 

 

フォーオナー(FORHONER)とは?

剣戟の駆け引きが楽しめるアクションゲームです。

操作が独特で複数人における立ち回りや、一対一の剣戟のスリルを売りにしています。

 

youtu.be

 

しかもキャラクターの動きに関しては本物の武術家やプロのスタントマンによる動きをモーションャプチャーしており、より人間らしさのある迫力ある動きになっています。

 

プレイ評価

最初は息を呑むようなストーリームービーが始まります。
世界は崩壊し、3勢力になって争っているのが描かれています。

 

 

その後、自分が所属したい勢力が選べます。
これがマルチプレイ時に所属する勢力になるのですが、使えるキャラクターに制限がかかるわけではないので好みで決めちゃいましょう。
私は侍にしました。

 

 

簡単な戦闘のチュートリアルがあります。
操作はかなり独特で一瞬戸惑いを覚えますが、すぐに慣れるので問題ないでしょう。
むしろこの操作方法なので独特なスリルのある戦闘が行えるのがすぐにわかるでしょう。

 

 

雑魚敵もいて、こいつらはバッサバッサ切り倒せます。
ただ雑魚敵から喰らうダメージもバカにならないので気をつけてください。

 

 

基本は戦闘を行う。ただそれだけですね。

マルチプレイは?

ベータ版はマルチプレイが主で行われます。

  • ドミニオン
  • ヂュエル&ブロウル
  • デスマッチ

となっており、一般的なオンラインゲームの種類はあります。
ドミニオンをプレイしましたが、4VS4で行われており、陣地の奪い合いで時間制限で多くポイントを稼いだチームの勝利です。

実際何が面白いのか?

剣戟の楽しさがあります。
3方向のみ攻撃と防御があり、読めばしっかり防御と反撃が行えます。
なぜスリルがあるのかというとHPの減り方がえぐいです。
連続攻撃を食らうと即死だと思うほどのスリルです。

 

読み合いだけが剣戟の面白さではありません、立ち回りもすごく重要です。
戦争なので雑魚敵や敵、味方も含めてたくさんいます。
その中で周りを囲まれたらもう勝てる見込みはほぼないです。
ですのでなるべくこちらで囲い込むような人数で行くか、1VS1になるように立ち回るのが重要です。

まとめ

今まであったようで実はなかったゲーム性です。
立ち回り、読み合い、仲間との連携。緻密な戦略をとることで勝利の美酒が味わえます。何より読み勝った時の爽快感が半端ないです。
ドーパミンドバーですよほんと、ジリジリとお互いに間合いを図りながら攻撃タイミングを計っている時なんかそれこそ剣豪同士の戦いを彷彿とさせます。

 

バトルフィールドやコールオブビューティなどとはまた違った戦争、戦いが楽しめます。ゲーマーに是非おすすめの一本です。