現代の千利休を求めて

モバイルゲームプログラマーのブログ

MENU

【レビュー】バウンド 王国の欠片はゲームとしてもVRとしても最高だった

どうも千利休です。
前から気にはなっていた「バウンド : 王国の欠片」をプレイレビューいたします。
正直これは是非やってほしいという素晴らしさなので魅力を伝えていきます。

「バウンド 王国の欠片」はどのようなゲームなのか

モダーンダンス×現代美術 のアクションアドベンチャーゲームとなっています。
何ぞそれ?と思った方、要するに独特な美しい世界を探検していくゲームだと思ってください。
風の旅人のようなゲームだと言えば分かる人には分かるかな。
映像を見ればどのような世界観か分かるはず

youtu.be

オススメする3点の理由

シンプルで独特な映像美

基本はシンプルな図形で構築された独特な世界だ。
見ているだけでも実際美しい。

まるでスクショが一つの芸術品のように見える。

動かしているだけでも楽しい

映像を見れば分かるが、プロのバレエダンサーをモーションキャプチャーしており、
移動やジャンプだけでもモーションの美しさに目を引かれる。
プレイヤーを動かしているだけでもその優雅な動きが楽しい
大神と言うゲームをプレイヤーを動かしているだけで楽しめたが、これもその手のゲームだ。

PSVRが最高峰

いくつかのPSVRをやってきた筆者だが、
その中でもかなりクオリティの高いVRになっているのではないだろうか。
独特な世界観の中に入れるVRはまさに圧巻。
他のVRで気になっていたジャギーなども少なく、映像として完成している。 賛否両論あると思うが、カメラがプレイヤーに注力しないのでカメラ移動が少なく、VR酔いがしにくいのも高ポイントだ。

まとめ

風の旅人のような雰囲気ゲームが好きな人は確実に買いだ。
ゲーム好きな人は地検を広めるためにもやってみるのも面白いかもしれない。
値段も3000円いかないくらいなので、気軽に試してみてはどうだろうか。