現代の千利休を求めて

モバイルゲームプログラマーのブログ

MENU

【レビュー】ARMSはライトで奥深いドタバタ格ゲー【プレイ評価】

どうも千利休です。
ついにARMS(アームズ)のオンライン体験会ができるようになりました!
まずは第一回行ったのでそのレビューを行います。

ARMS(アームズ)とは?

任天堂から6/16(金)から発売予定の新・格闘スポーツゲームです。

新・格闘スポーツってなんやねん、ってその通りなのですが、実態は「伸びる腕で殴り合うボクシングっぽいけどライトな格ゲー

と形容するのが正しいかもしれません。

 

ムービーを見てもらう方がわかりやすいかなと思います。

youtu.be

体験版日程

体験版は時間指定での実施でオンライン対戦のみとなります。
5/27,5/27,6/3,6/4,の計4日間です。

  • 9:00 - 9:59
  • 21:00 - 21:59
  • 27:00 - 27:59 

この時間ではありますが、だいたい10分前には入れるようになっているので早めに起動しましょう。 

バトルモード

  • 1vs1
  • 2vs2
  • 1vs1vs1
  • バレーボール

のバトルモードが今回行えるものになります。
バレーボールだけ少しミニゲームチックですが、それ以外は殴り合うものです。

 

操作感は割と慣れる

ゲームが始まる前に操作の練習があります。
基本的にはJoyconを本体から外して振り回して遊びます。

 

左joyconで左腕が伸びて、右joyconで右腕が伸びる。

Lボダンで回避でRボタンでジャンプ。
joyconを同じ方向に傾けるとその方向に移動。
八の字型に構えると防御。

となっており、少し移動が慣れないと混乱しますが、一試合行えば割と操作感は慣れるかと思います。
スプラトゥーンの操作よりは楽チン

プレイ感想

ぶっちゃけこれは面白い・・・
スプラトゥーンはFPSをライトにしましたが、これは格ゲーをライトにしました。
格ゲー特有の読みは残しつつも、それを感じさせないようにライトユーザはただ腕を降っていればパンチが当たるという入り口の広さ。
しかし慣れている人がやると回避やキャラクター特有の動き、攻撃の読みあいと一瞬の攻防がかなり楽しい。

 

試合前に各キャラクターを選べて、それに伴うARM(アーム)と言われる両腕の武器を付け替えれます。
これがいい、実に戦略深くします。
相手のキャラクターとの特性を鑑みて、どのARM(アーム)がいいのかを考えます。

ARM(アーム)によって攻撃力、スピード、曲がり力、属性が違うので好みなどで決めるのもいいですね。

 

またLボタンかRボタン長押しでチャージ攻撃を出せるようになり、チャージ攻撃でパンチを繰り出すとARM(アーム)の属性が発動します。
電気、風、炎、氷などなどこれにより動きにくくなったり、吹っ飛ばされたり。
チャージ中は無防備になるので使い所は肝心ですが、それでもメリットがあるパンチがくりだせます。

 

 

まとめ

面白い、これはスプラトゥーンのようにハマる人が多い気がしますね。
1vs1はかなり格ゲーっぽい感じですが、2vs2とかになると途端にパーティゲームっぽいドタバタな感じになります。
ただ一人倒れて2vs1とかになっても一人から大逆転できるなど個の強さはしっかりと反映されるゲームです。

 

一通りのキャラクターは使ったのですが、使いやすいキャラと使いにくいキャラぐらいしかわかっておらず、キャラによってはそのキャラ特有の動きをしますので、それを活かして第二回に望みたいと思います。
以上レビューでした。