現代の千利休を求めて

モバイルゲームプログラマーのブログ

MENU

【レビュー】新感覚! ブレイジングオデッセイ 技術的・企画的解剖 【ブレオデ】

今回はソーシャルゲームレビューです。

これは個人的な感想であることをご了承ください。

ゲーム業界人の私が技術的にも企画的にもレビューいたします。

 

ブレイジング オデッセイとは

gumi社からリリースされたアドレナリン全開RPGです。
さすがgumiさんぶっ飛んでますねー、今までリリースしているゲームからソーシャルゲーム全く理解してないゲームをリリースしているgumiさん(いい意味で)

PVもいい感じです。
期待に胸を躍らせつつ早速インストール

インストールからチュートリアルまで

初回ダウンロード圧倒的に速いだと・・・・!!
昨今3Dゲームが多く、ダウンロードも遅いゲームが多い中、ほとんど待たされることなくすんなりチュートリアルに進めました。
またチュートリアル後にどうせ大量ダウンロードで待たせる仕様なんだろ・・・?
と勘ぐっていましたがそんなこともありませんでした。マジリスペクト

バトルシステム

最近gumiさんこの手のゲーム多いよね。
無駄にフィールド探索させる系、シノビナイトメアはぶっちゃけこのシステムのせいで爆死したと言ってもいい。


基本は

フィールド探索 → 敵と遭遇 → バトル移行

という昔のコンシューマRPGでよくあるシステム、空の軌跡とか言えば分かりやすいかな。

 

バトル本編は最初は考えなくてもいいけど、属性ボーナスで結構ダメージ量が変わってくるので戦略さはぼちぼちある。

オートバトルも実装されていて雑魚戦はオート、ボス戦だけ自分でやるというパターンが結構いい。

 

ぶっちゃけフィールド探索だけ賛否両論あると思うが、1日で6時間ほどやっていたのでなかなか私的には当たりだ

 

何より重厚なストーリーが最高だ。
これだけは毎回gumiさんはいい仕事をする。

共闘クエスト

みんなで強いボスを倒す共闘クエストというのがある。
レイド戦みたいなものだと考えてもらっていい。

スタンプなどでゆるいコミュニケーションが取れるのはいい、チャットだと暴言吐かれることもあったりするのでこの点はグットだ。

また自分がどれだけ攻撃してポイントを稼いだかが他の人までわかるのだが、自分より強い人がこれだけいるのか!とわかってもっと強くなろうと思えるのはマネタイズ的にもいいのではないだろうか。

 

アリーナ

正直まだプレオープンと書いているのだが、これは本当にクソだ。

最初に攻撃が取れなければ、圧倒的戦力差がない限りほぼ負ける

接戦したバトルなどあまりできないと思ってもらっていい、これはバトルシステム自体が悪い。

一体づつの攻撃でターンを切りかえる仕様にすればまだ面白くなりそうな気がする。

運営さんにはすぐに改善してもらいたい

 

ユニークなシステム

バトル以外に実にユニークなシステムが実装されている。
それが街復興システム(私が言っているだけ)だ。

これは他のゲームでもある街にある店を育成していくものだと思ってもらえればいい。
その中で他のソーシャルゲームではあまり見ない、料理システムがある。

 

これはクエストなどから集めた素材で料理と作り、作った料理により、食べると効果が得られるというものだ。
モンハンのクエスト行く前に食べる料理だと思ってもらえればいい。
これにより多少強いできでも料理の効果の補助でなんとか勝てるぞ!
ということが発生し、キャラクターの強さだけで無くなるので戦略の幅も広がっている。

 

ガチャ・マネタイズ施策

石は割と手に入るのでそこまで課金を強いられない。
また現在では

  • スタートダッシュ召喚
  • ピックアップ召喚
  • 神輝石召喚
  • 絆召喚

と4つあり、スタートダッシュはステップアップガチャ、ピックアップガチャは10連が通常より安いなどリリース初期のガチャとしては悪くはない。

石も現在はセールしており、通常よりたくさんの石がつくので施策として売り上げを上げに来ているなーという印象だ。

 

また欲しいキャラクターは割と手に入るので所有欲は満たされる。
限界突破させるために複数枚手に入れる必要があるので、そこにマネタイズポイントがあるのであろう。

技術的な考察

おそらくcocos2d-x + spine or sprite studioで作られているのではないだろうか。
さすがにunityで作るようなゲーム内容ではないのでおそらくcocos2d-xだろう。
apkを解析すれば一発なのだがやめておく


キャラクターモデルは正直に言うとspineぽさがない。
2Dゲームではよくある腕や膝の関節のつなぎ目が見えてしまう現象があまりないのでデザイナーの腕がいいのか、それともポリゴンメッシュを使っているのかな。
どちらにしろ、ゲームもかくつくこともなく、クラッシュもしていない。
電池消費はまあまあするが、爆食いするわけでもない。
というのでソフトウェアの品質としてはなかなか良いのではないだろうか

 

まとめ

全体としては大ヒット!とまではいかないだろうが

トップセールス50位くらいを彷徨えるくらいの実力値はあるゲームだ。
頑張れば30位くらいまでは行けるのではないだろうか。
運営がミスらなければ100位を下回ることはないだろう。

 

ライト層には少し難しすぎるゲームで、コア層には少し物足りないという絶妙な感じだ。ただストーリーはすごく良い
サクッとできるゲームではないので、自宅でゆっくりと遊んで欲しい。

業界人なら一度は遊んでみて良いアプリでしょう。